副業リーマン       ~収入UP大作戦のBlog~

家族のために立ち上がった真面目おじさん。副業時代の「一歩」先を行く!

【節約術】ちょっと視点を変えるだけ!? お金が貯まる3つの考え方

「お金を貯める人」と「お金が貯まらない人」何が違うのでしょうか?
 
そもそも収入が違う?
実はそこではありません!
 
「え~!」と思うかもせれませんが、ちょっと考え方を変えるだけで変わるのです。
収入が多くても出費が多ければ、貯まるわけがありません。
また、収入が少なくても貯めている人は、貯めているのです。
 
それではどうすれば、お金はたまるのでしょうか?

f:id:ippome:20190628003546j:plain

目次
1.コツコツ積み重ねる
2.時間の捉え方
3.必ず払うものに注目
4.まとめ
 
 
1.コツコツ積み重ねる
やっぱりコツコツですね。
積み重ねることが重要なのです。
 
宝くじや投資で急に収入が増えたら嬉しですが、そんなことはよくあることではありません。
 
まずは、自分の状況をよく知ろうとしてください。
 ・家計簿をつける。 ⇨無駄が見えてくるはずです。
 ・なので、見えてきた明らかな無駄使いはしない。
 ・状況を知ると、自然に節約のポイントや節約しようとするマインドが出てきます。
 
お金を貯めると決めたら、地味にコツコツと努力を積み重ねることです。
 
今回は節約をテーマにしたので、簡単にお話しますが、
投資をするにしても自己資産に対し5%~20%以下くらいでコツコツ時間をかけて
運用していくのが良い方法と言われています。
 
50%以上の自己資金を投資するのは長続きをしません、
うまく行けばリターンも大きいかも知れませんが、リスクはそれ以上にあります。
勝率が3分の2でも自己資金は減っていってしまう計算になるのですから。
 
コツコツと決めて、自分のルールにブレずにやり通すことが大切になります。
 
2.時間の捉え方
目の前の状況で判断せず、できるだけ長い時間、10年や20年といった
長いスパン考えるクセをつけると見えてくるのです。
 
例えば、毎月5,000円の節約ができるとしたら取り組みますか?
「5,000円くらいだったら面倒だからそんな節約はやらなくていいかな」
と思う人は、お金が貯まらない人です。
 
お金が貯まる人は、もっと長い時間の捉え方をします。
5,000円✕12ヶ月✕10年=60万円 または20年で120万円
 
大したことないと思っていた たったの5,000円は、時間の捉え方を変えただけで
60万円や120万円の節約を生むのです。
 
毎月5,000円の節約をしないでいて、急に10年後に60万円が出てくるはずが
ありません。
節約に関しては 今週の、今月のと言う短い期間で判断せず、
10年以上先の事まで考えましょう。
 
ちょっとした考え方を変えるだけで良いのです。
長い時間のスパンで考える癖つけをすると、見えてくるものが違っているはずです。
慌てた判断をしなくていいですし、何をしたら良いかもより見えてきます。
 
3.必ず払うものに注目
では実際の節約は、何から考えたほうが良いかについてお話します。
 
予測できない急な出費では、予測してないわけですから抑えることは難しいです。
毎月必ず払う必要がある家計の固定費に目を向けるのが妥当と考えます。
ライフラインの電気・ガス・水道とか最近では携帯電話もライフラインの一つですよ。
 
ガスや電力も自由化されており、比較して自由に選ぶことができますが、
大きく毎月の出費が変わりやすいのが、携帯電話代(スマホ代)だと思います。
官房長官が、4割は安くできると言ったドコモ、au、ソフトバンクの通話料については、いくらか安く見直されていますが、実は見かけだけで本当に4割安くなる人はほとんどいません。
 
手っ取り早く、確実に安くするには、格安SIMに変えて使うのが明らかに安くなると思います。
先程ご説明した例で言えば、スマホの乗り換えもたった数千円かも知れませんが、
✕家族分✕12ヶ月✕20年すると
人によっては、高級車が数台変える差が出ることともあるでしょう。
 
そんなお金が考え方一つで捻出できるのです。
4.まとめ
今日は、節約する考え方のヒントについて考えを述べましたが、
まとめて言うと、
 
・計の状況をよく知ることで明らかな無駄な浪費を抑えること。
長い期間コツコツと積み重ると大きな節約を生むことを認識し、
 時間の捉え方を変えること。
そのポイントとしては、家計の固定費に着目し、見直しをすること。
 
と言う感じでしょうか。
 
些細な金額では、見直す気にもならないと思ってしまうけど、
それが10万円、100万円だと思うと取り組む気になると思います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<もうちょっと>
「面倒くさい」の代償が、数百万円だったら、なんてもったいないと思いませんか?
調べたり、シミュレーションしたりするモチベーションを、考え方を変えて上げていきましょう!
 
人生100年時代、老後2、000万円等のキーワードからも
まだまだ長い人生で、かなりのお金がかかるということです。
 
考え方を変えて100歳までお金に困らない、良い人生にしたいものです。
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加